🎐猛暑時の運転でココ注意

【 Last Updated on 2023年6月21日 by lifecreation 】

毎年、夏になると気を付けてほしい熱中症です。

 

正しい知識で、油断せず

これからの暑さを乗り切りましょう🙌

 

 

まず、熱中症に関しては車の中は短時間で危険な

気温になります。ここ数年、子供が車内にいるにも

関わらずいたたまれない事件が起きてます、、

 

車の中は、エンジン停止からわずか15分で

熱中症指数が危険レベルに達します。(外気温35度)

 

 

乳幼児は体温調節機能が未発達で、

高温下では短時間で体温が上昇し、

死に至ることがあります。

 

 

寝ているからという理由で、

車内に子どもを残すのは大変危険です🚙
また、高齢者も加齢にともない、

体温調節機能が低下するため、同じように危険です。

 

 

 

サンシェード対策や窓開け対策をしていても

温度抑制効果は低く、

人や動物が耐えられない温度となり、

車内温度の上昇を防ぐことはできないのです。

 

 

そこで、、

Q:夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?

 

A:「エアコン+走行+窓を全開」が最も早く温度を下がる!!

 

 

窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、

車内の熱気を出したら窓を閉め、

内気循環にして冷やすことが最も効率的な方法です。

 

 

 

「エアコン+走行+窓を全開」は、 短時間で温度を大きく下げられるので、

燃料の消費や排ガスも抑えられ、環境面でもメリットが多いです🌳✨

 

 

エアコンつけて、窓を全開すると

もったいないように思えますが

1番効率よく、車内を冷やすことができるので

ぜひ、試してみてください。

 

 

 

夏がくると思うと、ワクワクしますよね💓

友達や家族と海やドライブ、BBQなどなど~🌊🏝️

 

何事も危険リスクはつきものですが

知識のあるないでは、変わります。

 

 

いろんなイベントを楽しみつつ、夏を過ごしましょう!

 

 

 

損保ジャパンの

『THE カラダの保険』

では、2022年8月からすべてのプランに「熱中症特約」

をセットできるようになりました。

 

 

熱中症にならないのが

1番ですが、夏を無事に過ごすためのお守り

でお持ちになるのはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

・・━━・・━━・・━━・・━━・・━━・・━━・・・・━━・・━━・・━━・・

自動車保険・自賠責保険・生命保険・火災保険・地震保険・旅行保険のことなら、

頼れるほけんライフクリエーションまでご相談ください。
TEL093-436-5212

・・━━・・━━・・━━・・━━・・━━・・━━・・・・━━・・━━・・━━・・

 

 

引用:5月ならまだ大丈夫?車内での熱中症の危険(JAFユーザーテスト) | JAF